「ナポレオンの村」みたいな川沿いのカフェでいただくイタリアン。雰囲気重視で!

ここ数年、檜原村だの武蔵五日市だの東京の西側最深部にあししげく通っているのは、地域おこしの仕事がしたいわけではなく、父がお世話になっている特養老人ホームがあるから。

トップの写真は父の部屋からの眺めです。

世田谷の自宅から

京王線→分倍河原/南武線→立川/青梅線→拝島/五日市線→武蔵五日市

と乗り継いで90分ほどですが、ステキですよー。毎回プチトリップ。

2014年の冬には檜原村が豪雪で孤立したニュースも流れましたが、父の入居に際し初めて面談に訪問した時もこの有り様。

特養待機者52万人と言われている世の中ですから、駅から約3kmの雪の上り道をあるくことぐらいお安いもんです。

こんな「ナポレオンの村」のようなところも、かよっているうちに愛着が湧いてまいりまして。。

嫁や母に「馬鹿ぢゃないの?(よく言われるね)」と罵られながらも60歳移住計画などを着々と検討、検証しています。

移住の目的は、、、特に家庭菜園がしたいわけでもなく、毎週末自宅でBBQしたいわけでもなく、自然の中で暮らしたいわけでもなく、、、虫嫌いだし。

死ぬまでにもう一回新築たてて、きれいなお家で最後を迎えたい。と計画しているから。

今まで、2度新築を建てるという幸運、強運に恵まれてまいりましたが、終の棲家、、

人生の終盤をもういっかいきれいなお家で快適にフィニッシュしないと終わりがよろしくない。身体がガタガタだからこそ住まいはピカピカのスイスイでないとストレス半端無いわけです。


ここら辺なら、、

今ある敷地を処分すれば(税金差っ引かれても)同等サイズの地面とストックホルムな感じのアーバンな戸建て(どんなん?)が手に入るかなと。

仕事はね嫁がイオンのレジで、私がイオンの駐車場みないなイオンにおんぶに抱っこでホソボソと暮らしていければいいかと。

そんなこんなで父の見舞いがてらいろいろリサーチしているのかで見つけたのが


cafe dining Kan-KURA


店名にあるようにリノベーションした蔵に併設されているシンプルかつ都会的なデザインのカフェレストラン。

北秋川の秋川橋のたもとにあります。

橋を挟んで反対側は「秋川橋河川公園バーベキューランド」で春から秋にかけては「外で肉を焼いて食う」という行為に異常な高揚感を覚える人たちで賑わっています。


橋をまたぐと流れも深さを増し、泳ぐこともできるし、腰までつかって竿を垂れているひともいてぐっと落ち着いた雰囲気に。


お店は入り口から入って左側がテラスもあるスペース。二人がけのテーブルが中心でカップルやお一人様向け。

右側が蔵の中で大きなテーブルで家族連れや予約のお客さんが使用するみたいです。

キッチンには石窯も据えられているのですが、調理はオーナーと思しき男性が1人でこなしているようです。

満席になったらさぞかしキッチンの稼働率は高そうですが、それを考慮してか繁忙期はディナーをお休みしたり、ランチメニューをシンプルにしたりとかされているようなので行かれる際はお店のウェブをチェックしたほうがいいかもです。

私が行った時には8月のSummer Cafe期間ということでディナーはお休み、ランチはシンプルにしますよーって内容でした。(ランチは前菜がシンプルになったんだとともう)

で、その夏のランチは

前菜スープにピザかパスタのメイン、飲み物がついて1,400円という内容。

前菜のミネストローネは超イケてる!


食べログとかでの投稿を見る限り、通常時期の前菜は小さなキッシュと葉物、ビネガージュースみたいなアレンジが多いようですが、先日は「冷たいミネストローネ」。

ズッキーニ、ナス、トマト、カブとかがゴロゴロはいっててオリーブオイルも強く感じました。

しらすとズッキーニのペペロンチーノはバゲットが欲しくなる


しらすのアクセントが全く感じられないくらい味が濃いです。わたしの好みです。

ただ、テーブルにはパスタしかないので味覚に変化をつけることができない。

量的には十分なのですが、くち休めにバゲットかフォカッチャがあるとなお美味しくいただけるかと。

おしいいですけど、建物やロケーションほど群を抜いたインパクトはないので都心部からわざわざ訪れる、、、という感じはないかも。

どえれー田舎に来ちまったけど、なんかうまいもんはないか?という時にはいいですね。

あとは地元の方たちが集まってくるような文化が醸成できるといいんでしょうね。



cafe dining Kan-KURA

東京都あきる野市留原876-8

tel / fax : 042-596-5414

毎週火曜日定休 11:00 - 15:00 17:00 - 21:30(夜は金土日のみ)

0コメント

  • 1000 / 1000